みなさんこんにちは
日曜担当の木村です

突然ですが、かなり突然ですが、
ぼく、ふなっしーが大好きなんです

で、先日テレビを見ていたら、CMで
「ふなっしーのめいっしー」
なんてのが宣伝されていてめちゃくちゃほしくなりました!!

だれか買ってくれないかなぁ・・・

(※ふなっしーは中身の人間とかいませんから!梨の妖精ですから!!



というわけで、まじめに健康のお話です

先週までは三大栄養素のお話をさらっとしていきました。
今回からはいったん栄養から離れトレーニングのお話に切り替えます
(先週のブログはこちら→ http://lagrasse.ldblog.jp/archives/41758676.html )

また、キリのいいときか気が向いたときに栄養に戻ります!


トレーニング第一回は、
「有酸素運動」とは、「無酸素運動」とは、というお話です

この話、さらっと話せば簡単なのですが、突き詰めると
とても難しくなってしまうので今回はさらっといきます


まず、「有酸素運動」と「無酸素運動」の違いですが
文字通り、酸素を使うか使わないかです

これは、運動中に呼吸をするかどうかではなく
エネルギーを生み出すときに
酸素を利用して生み出すものが「有酸素」
反対が「無酸素」となります

人間の筋肉を動かすためのエネルギーとして「ATP」がある
というのを以前お話ししました。
その再合成の際に酸素が必要だったり必要じゃなかったりするんです

短時間で高負荷のトレーニングをするときは酸素は使わず、
長時間、低負荷でトレーニングするときは酸素を使います

酸素を使う運動をすると脂肪の燃焼効率が良くなるのですが、
「有酸素運動」と聞いてみなさんはどのような運動を思い浮かべますか?

ほとんどの方が、ランニングや水泳、エアロビクスといったあたりを思い浮かべられるかと思います
が、それだけではありません!

上記のものでは筋肉がつきづらい、
長くやりすぎれば、筋肉が落ちてしまうこともあります・・・

どうせなら脂肪を燃やして筋肉もつけたいですよね!?


先ほど、「長時間」と書きましたが、
これは同じ動きを3分程度、繰り返すだけでも
体にとっては有酸素運動になるんです

膝や腰が痛くてまともに走れないから有酸素運動ができない・・・
というそこのあなた!

まずは、「筋トレでの有酸素運動」をしてみましょう!
そうすることで、体重が落ち、関節への負担が減り、
思い通りに走れるようになるかもしれません!!

やり方は簡単です
かるーーーいウエイトで3分以上繰り返しましょう!

けっこうしんどいですが、手短に有酸素運動をしながら
筋力アップができるので、一石二鳥ですよ!

ちなみにスタジオレッスンで行われている
「ボディパンプ」ではまさにこの効果がありますので
自分一人ではがんばれないという方は
ぜひ、Aスタジオへ!!

ちょっとコワモテの上田インストラクターが温かく迎えてくれるはずです!笑



と、そんなこんなで今日は
有酸素運動と無酸素運動の両方の話をする予定だったのですが、
有酸素の話ばかりでしたね

トレーニングの話だと熱くなりすぎてながーーいブログになることが多くなりそうですが、
ぜひ、みなさん、お付き合いください!!

来週もお楽しみに!!

最近は寒さに負けて、全く動かず
完全に冬眠モードの木村でした